医者

c型肝炎は自覚症状がないから怖い【もしもを考えて検査しよう】

沈黙の臓器の感染症です

ゆっくりと進行します

医者

c型肝炎とは、c型肝炎ウイルスに感染することで発症するウイルス性肝炎の一種です。HCVに感染すると、約70%の人が持続的感染者、別名キャリアとなり、さらにその3〜4割の人の症状が、10〜30年かけて、慢性肝炎から最終的に肝臓がんへと進行します。初期にはほとんど自覚症状はありません。肝臓は沈黙の臓器であり、予備能力が高く、症状が出た時点で既に相当な段階まで進行していることが多いので、HCVへの感染が分かった時点で、定期的な専門医の検査や、治療を行うことが、必要になります。現在の日本には100人に1〜2人の割合で、c型肝炎の患者、あるいは本人は気づいていなくても感染しているHCVのキャリアがいると推定されています。慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんの患者の75%がc型肝炎に由来しており、年間3万人が肝臓がんにより亡くなっています。その意味でもc型肝炎の知識の普及は大切なことです。

普通の生活で感染しません

HCVは血液を介して感染します。空気感染や経口感染はありません。過去の輸血や血液製剤の投与、あるいは注射器が使い捨てになる前の注射針の使い回しなどにより、感染が発生しました。現在でも十分な消毒をしない状態器具を使ったピアッシング、刺青、不衛生な状態の針治療、特殊な例では覚せい剤などの回し打ち、などによりHCV感染の可能性が残っています。性交渉による感染、母から子への母子感染はごくまれなことです。常識的な社会生活・家庭生活においては、他人の血液に直接触れることが無い限り、握手や食器の共用や入浴程度で、感染する危険はありません。c型肝炎の治療には、従来インターフェロンが用いられてきましたが、最近の医療の進歩によりHCVを直接壊す薬が投与されるようになり、治療成績も上がってきました。