医者

c型肝炎は自覚症状がないから怖い【もしもを考えて検査しよう】

世界中にキャリアが多い

病院

c型肝炎の治療方法は、原因療法と対処療法があってウイルスの量と遺伝の型で療法の仕方を選ぶことです。医療補助制度もあるので、月に1万から2万円で最新の治療が受けられます。感染した初期段階では、c型肝炎であることを自覚しにくい傾向があるのです。確認には、検査を受ける必要があります。

ウイルス性感染

安全で安心な通院送迎サービスを設けています。世田谷区で透析の治療を受けている時は、サービスが充実しているところを利用しましょう。

概要と感染原因

医者

c型肝炎とはc型肝炎ウイルスに感染する事によって発症する肝臓の病気です。現在、世界では一億七千万人の感染者がいると言われています。日本国内では最大で二百万人の患者がいるとされています。沈黙の臓器と呼ばれる事もある肝臓は、自覚症状がなく病状が進行する事があります。c型肝炎も感染者に自覚症状が出ない為、感染している事を知らないまま生活している人も多いです。いわゆる早期発見が難しい病気の一つでもあります。三十年ほど前はc型肝炎がウイルスによって引き起こされる事が分からず、注射の使いまわしや輸血によって大量の感染者を出しました。現在は発症原因の特定や医療体制の見直しによって感染者が大幅に減少し、新たな感染者は先進国では殆ど見られません。

病状と治療

医療体制の問題によって感染が拡大した、という歴史的な経緯もあって、c型肝炎の感染者はその問題が解決される前の世代という事になります。年齢で言えば四十代以上になります。逆に二十五歳以下の感染者は特殊な状況を除いて殆ど存在しません。c型肝炎に感染した患者は、急性肝炎を経て六割から八割の確率で慢性肝炎を発症します。適切な治療を行わなかった場合、約十年で肝硬変、最悪で肺がんになります。肺がんになる人は全体の約二割と言われています。c型肝炎の治療法は現在では確立されており、インターフェロンとリハビリンの併用治療などの抗ウイルス治療が主になっています。これによって感染者の九割がc型肝炎ウイルスの排除に成功できます。

沈黙の臓器の感染症です

医者

c型肝炎ウイルスという特定のウイルスへの感染がトリガーとなって発症してしまうのがc型肝炎です。症状が進行すると最終的に段にまで成ってしまうので、発症がわかった時点で速やかに医療機関で治療を受けましょう。

肝臓の病気

病院

c型肝炎は沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓の病気で、自覚症状がない場合が多いので、感染していることに気付かない人が多い病気です。慢性化すると、肝硬変や肝がんが発症する人も少なくないため、積極的に検査を受けなければなりません。